開業_01「開店・開業」(1)

本文

拝啓 ○○の候 皆々様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます
このたび 左記に於きましてささやかながら○○鍼灸所を開業致しました
つきましては今後とも何卒よろしくご愛顧お引立を賜りますようお願い申し上げます
参上致し親しくご挨拶申し上げるべきではございますが 取り敢えず書中をもちまして失礼させて頂きます
尚近くにお越しの節は是非お立ち寄り下さい

敬具

令和○○年○○月吉日

○○○○鍼灸所
山田 太郎
〒163-1103 東京都中野区本町三二ー○○○○
電話(〇三)五三〇四ー一三四一


サンプルイメージ


※クリックすると拡大表示されます

文例テンプレートダウンロード


開業_02「開店・開業」(2)

本文

開店ご挨拶

拝啓 ○○の候 益々ご健勝のこととお喜び申し上げます
このたび左記の場所にて○月○日より和食処「○○○○」を開業致しますのでよろしくお引立てを賜りたくご案内申し上げます
なにとぞご来店のほどお願い申し上げます

敬具

令和○○年○○月吉日

和食処 ○○○○
〒163-1103 東京都中野区本町三二ー○○○○
(JR中野駅 徒歩五分)
電話(〇三)五三〇四ー一三四一


サンプルイメージ


※クリックすると拡大表示されます

文例テンプレートダウンロード


開業_03「開店・開業」(3)

本文

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

この度○○○○を円満退職し左記の場所にて独立開業いたすこととなりました
何分にも浅学非才の身ではございますが より質の高いサービスをご提供できますよう 従来にも増して研鑽努力していく覚悟でございます
何卒 今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます

敬具

令和○○年○○月吉日

○○○○会計事務所
税 理 士 山田 太郎
〒163-1103 東京都中野区本町三二ー○○○○
電 話(〇三)五三〇四ー一三四一
FAX(〇三)五三〇四ー一三四一


サンプルイメージ


※クリックすると拡大表示されます

文例テンプレートダウンロード