catch-img

【サービス紹介】封筒印刷

企業が封筒に名入れ印刷をするメリット

取引先へ書類を送付するときや、従業員に書類を渡すときなど、会社にとってなくてはならないのが封筒です。

封筒といえば、一般的には茶色く何も書かれていないものが想像されますが、企業が取り扱う封筒の多くは、名入れが行われており、住所や社名、ロゴなどが印刷されています。封筒に名入れ印刷をすることはどのようなメリットがあるのでしょうか?

封筒により、どこの会社から送られてきたのかを示す

名入れ封筒を使う意味としては、どこの会社から送られてきたのかを明確に示す意味合いがあります。

既成の封筒に、スタンプなどで社名がわかるようにしている会社もありますが、偽造などの点を考えても、しっかりと印刷した方が良いと考える企業の方が多いようです。


自前印刷やスタンプ押印より、時間的なコストが少ない

上記のようにゴム印などで既成の封筒にスタンプを押す方法がありますが、もう1つの問題点として、手間がかかるということが挙げられます。数枚の押印で済む場合は良いですが、取引先が増え多くの封筒を利用する場合などは押印の手間によってかなりの時間が使われてしまうことになるでしょう。

また、自社のプリンターで印刷する場合は、プリンターを使う手間や、インクなどの消耗品を用意する手間など、意外に面倒な作業が発生します。そういった意味でも、印刷会社に頼んで封筒を作るメリットがあるのです。


社名を知ってもらうきっかけになる

通常のゴム印などでは、会社名と住所ぐらいしか記載する情報がありませんが、印刷の場合、社名のロゴや企業理念などを追加して印刷することが可能です。そのため、社名をあまり知らない人に向けて書類を送る場合などに名入れの封筒を利用すると、住所や社名だけでなく、ロゴなども伝えることができ、社名を知ってもらうきっかけになるでしょう。


代表的な形とサイズ

画像:封筒

封筒のサイズは多種多様に存在しますが、その中でも、ビジネスでの利用で一般的に使用されているサイズをご紹介します。

長型3号(120×235mm)

A4三つ折りサイズの用紙を入れることができる、封筒の定番サイズです。手紙や書類などを送付する際によく使用されています。

「なががたさんごう」と読み、「長3(ながさん)」と略されます。


長型4号(90×205mm)

B5三つ折りのサイズの用紙を入れることができます。L判サイズの写真をそのまま入れることができるため、大きいサイズの写真を送付する際におすすめです。

「なががたよんごう」と読み、「長4(ながよん)」と略されます。


角型2号(240×332mm)

A4サイズをそのまま入れることができます。一般的なA4用クリアファイルに入れても充分に入る大きさとなっています。事務封筒としては勿論、チラシやカタログ、A4サイズの雑誌・書籍などを郵送する際にも便利です。

「かくがたにごう」と読み、「角2(かくに)」と略されます。


角型3号(216×277mm)

B5サイズをそのまま入れることができます。書類や書籍、カタログなどの送付に適しています。

「かくがたさんごう」と読み、「角3(かくさん)」と略されます。


洋型0号(235×120mm)

A4三つ折りサイズの用紙を入れることができます。上記「長3」と同サイズで、長辺側に開封口があるため、内容物の出し入れがしやすい封筒です。

「ようがたぜろごう」と読み、「洋0(ようぜろ)」と略されます。「洋長3(ようながさん)」とも呼ばれます。


洋型1号(176×120mm)

B5用紙の十字折りが入る封筒です。結婚式の招待状やイベントの案内状送付に適しています。

「ようがたいちごう」と読み、「洋1(よういち)」と略されます。


洋型2号(162×114mm)

A5用紙の横二つ折りが入る封筒です。挨拶状や案内状、はがき、カードなどの郵送に使われています。上記の洋1封筒より一回り小さなサイズとなっています。

「ようがたにごう」と読み、「洋2(ように)」と略されます。


ビジネスシーンで便利な封筒

窓付き封筒

中の書類に書いた宛名が見えるように窓が付いている封筒タイプです。窓はセロハンであることが一般的ですが、紙製にすることもできます。請求書等の書類送付にうってつけです。


ミエナイ封筒

内側に地紋を印刷したり特殊加工を施したりして内容物が透けにくくした封筒です。個人情報等を送付する際に最適です。


テープのり付き封筒

ベロの部分にのりが付いているタイプの封筒です。テープの利点は手や封筒が汚れることなく貼り合わせることができるので、大量の封入作業にはおすすめの封筒です。


水のり付き封筒

水をつけると、くっつく仕様になっている封筒です。ベロの部分に水のりが付いているタイプです。封入・封かん機を使用する場合はおすすめです。


マチ付き封筒

多くの書類を入れる際、書類の持ち運びに使える封筒タイプです。そのままでは郵送ができないのでご注意ください。




今回は封筒印刷について紹介しました。

MBEの封筒印刷サービスでは、印刷枚数や納期、用途に合わせて、封筒の種類や印刷方法をご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

「お客様の仕事を簡単に、便利に、スムーズに」 それが私たちMBEの目標です。MBEの封筒印刷サービスをお仕事に、日々の生活に、ぜひお役立てください。

総務・管理業務でお悩みの方は お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各種お問い合わせはこちらより
ご相談ください。