catch-img

【サービス紹介】名刺作成

名刺は、相手に自分や自社のことを知ってもらうためのツールです。様々なITツールが世の中には溢れていますが、まだまだビジネスの場でかかせないツールです。

初対面の人に自分がどのような人なのかを知ってもらうためには、できるだけ分かりやすく、見やすいデザインが求められます。いくら自分や自社の情報が載っていたとしても、見づらければ相手の記憶に残ることはありません。

この記事ではイメージの良い名刺の特徴やイメージを決める要素について紹介します。


良いイメージを与える名刺とは?

良いイメージを与える名刺は、「分かりやすさ」と「見やすさ」といった特徴を持っています。名刺は、自分がどんな人間かを相手に伝えるためのコミュニケーションツールの1つです。

名刺から「どんな業務をしているのか」、「どんな人物なのか」が伝わることも大切ですが、相手に良いイメージを持ってもらうためには、読みやすくて分かりやすいということも重要です。

名刺を作る際には、「分かりやすさ」と「見えやすさ」というポイントをおさえて作るようにしましょう。


名刺のイメージを決める要素

名刺は、初対面の人に自分がどのような人なのかを知ってもらうためのツールです。最初に手渡す名刺が与えるイメージによって、自分のことが相手の記憶にどれくらい残るかが変わります。
ここでは、相手に良いイメージを与え、記憶に残したい名刺について紹介します。

文字やデザインの「レイアウト」

名刺に使う文字やデザインのレイアウトは、名刺のイメージを大きく決める要素の1つです。文字やデザインのレイアウトがすっきりとした名刺は、相手に読みやすい印象を与えます。

レイアウトでは余白が重要であり、ある程度の余白があったほうが読みやすい印象を与えるでしょう。名刺をデザインする際にはあまり文字を入れすぎず、ほどよい余白を用意することを意識してみてください。


用紙やデザインの「色」

用紙やデザインの色も重要な要素です。会社や人によってイメージカラーが存在するケースもあります。色には会社や個人の印象を決めるほどの力があるのです。

色が与える印象の例を以下に挙げます。

赤:やる気 情熱 炎
青:クール 落ち着き 冷静
緑:癒し 自然 安心
白:優しさ 純粋 シンプル
黒:おしゃれ かたい 引き締まった

あらかじめ自分のイメージカラーを決めておくと、名刺のデザインを決める際にも役立つでしょう。色が相手に与える印象を理解しておけば、より効果的な名刺を作成できるはずです。


文字の「フォント」

文字のフォントも、名刺のイメージに大きく影響します。フォントによっては「真面目」や「明るい」といった印象も与えられるのです。

フォントには統一感が重要です。統一感のある名刺は相手に与える印象も良いでしょう。統一感のない名刺にはどこかまとまりを感じられず、あまり気持ちの良いものではありません。

同じ文言でもフォントを変えて書き出してみると、イメージの違いを判別できます。自分や会社の良い印象を与えるためにも、フォント選びは慎重に行いましょう。


記載する「情報」

記載する情報も見やすさを左右する要素です。
たくさん情報量を載せた方が良いのか、それともシンプルに最小限にしたほうが良いのか、迷われる方もいらっしゃると思います。

この疑問に対する明確な答えはないのですが、一つの考え方として、「連絡先の交換」という視点があります。

名刺は直接顔を合わせて交換することが基本です。その際に、自分の所属する会社、所属部署、肩書き、個人名を相手に伝えることで、商談の場でのコミュニケーションを円滑にします。
そして、名刺に記載してある連絡先を見て、次のコンタクトを取るという流れになります。
ですので、しっかりと記載すべきポイントは以下になります。

・会社名
・所属部署
・肩書き
・個人名
・所在地
・電話番号
・メールアドレス

最低限でも上記の情報があれば「連絡先の交換」という視点では問題ないでしょう。

もし自社ホームページやSNSアカウントを持っている場合は、記載する事をおすすめします。コミュニケーションの取り方は電話やメールだけではありません。ホームページやSNSを見ていただいたことによって、好印象を持ってもらい商談が進んだという例は珍しくありません。

ただ、あまりにも情報量が多すぎてしまう場合は、名刺という限られたスペースでは少々窮屈です。名刺は一般的に91mm×55mmというサイズです。もし、自社サービスをもっと知ってほしいという場合は、チラシやパンフレットにするか、二つ折り名刺などのスペースを広く使える名刺にすることも一つの手です。


印刷する「用紙」

名刺用の紙は色々ありますが、紙質については好みが分かれるところです。

一概に正解といったものはありません。ただ、一つだけ言えることは「厚みのあるものを使うこと」です。もちろん、意図的に薄い名刺を使ったブランディングであれば問題ないのですが、一般的には厚い紙の方がしっかりとした印象を持ってもらいやすく、イメージの良い名刺となります。

では、厚みの基準はどう判断したらよいのでしょうか?

一つの定義としては「160kg」または「180kg」と覚えておくと良いと思います。前者は普通の紙よりもやや厚め、後者であれば厚めであるとはっきり分かる程度の紙です。さらに厚めとなると「220kg」という、かなりしっかりと厚い印象の紙になります。もっと厚い紙もありますが、これ以上は好みであったり、あえて厚い紙を使う目的があるかどうかによりますので、特にこだわりがなければ「180kg」を目安にすることをお勧めします。




今回は名刺印刷について紹介しました。

MBEの名刺作成サービスでは、テンプレートからの作成、お使いの名刺からのそのまんま作成、お客様が作成されたイラストレーターデータからの作成など様々なプランから用途に合わせて承ります。お気軽にご相談ください。

「お客様の仕事を簡単に、便利に、スムーズに」 それが私たちMBEの目標です。MBEの名刺作成サービスをお仕事に、日々の生活に、ぜひお役立てください。

総務・管理業務でお悩みの方は お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各種お問い合わせはこちらより
ご相談ください。