catch-img

【お役立ち情報】いろいろな書体(フォント)


PCで書類や資料を作ったり、ポスターやチラシなどをデザインする際に、文字の書体(フォント)を選んだ経験がある方は多いでしょう。
あるいは街中で辺りを見回すと、看板や広告に様々な書体の文字が使われていることに気がつくはずです。

デザインにおいて書体は重要な要素で、同じ文章でも、書体が違えば与える印象が大きく変わります。例えば、どんなに見た目が綺麗な書体でも、読み辛ければ見落としてしまったり、正しい情報が伝わらなかったりします。

この記事では、書体の種類とその特徴、それに分類される代表的なフォントについてご紹介します。


和文書体

明朝体

横線に対して縦線が太く、横線の右端、曲り角の右肩に三角形の山がある書体。「とめ」「はね」「はらい」がきちんと表現されているものが多いです。可読性が高いため本文書体に向いています。

明朝体は、落ち着きやフォーマルな印象を与えます。格式や洗練さがあるので高級感を感じさせたいものに有効です。学術的であったりクラシカルな雰囲気もあります。


ゴシック体

横線と縦線の太さがほぼ同じで、山がない書体。タイトルなど目立たせたい文字によく使用されます。角ばっているものは角ゴシック、角が取れて丸くなっているものは丸ゴシックと呼ばれています。

ゴシック体は、現代的でモダンな印象を与えます。明朝体と比べるとカジュアルで親しみやすさがあるとも言えるでしょう。視認性が高いため、ロゴや見出しタイトルに必要な、様々なサイズでもはっきり見えるという機能も満たしやすいです。


筆書体

筆で書いた文字を再現した書体。書道のように格式の高い印象があります。楷書体・行書体・教科書体・勘亭流・江戸文字などがこれにあたります。アルファベットを筆文字で表現することで、和風らしさを醸成するという方法もよく使われます。

筆書体は、手書きによるやわらかさや温かみを感じるものもあれば、荒々しさや力強さを感じるものまで書体によって様々です。共通して言えるのは、筆による和風な雰囲気、古典的、伝統的な印象を与えることができるという点です。


デザイン書体

POP体や手書き風の文字、多彩な装飾が施された創作文字など様々な種類があります。個性的なデコレーションで個性が強いものが多く、インパクトを出すことができます。

デザイン書体は、それぞれに強いイメージを持っているため、与えたいイメージとマッチしているかをしっかり見極めて使うと良いでしょう。
個性的であるがゆえに、他のデザインでのイメージが強い場合は、そのイメージと類似であるという印象を与えてしまう場合もあります。そのあたりも注意して選ぶ必要があります。


欧文書体

セリフ体

縦線が太く、セリフ(ウロコ)のある書体。装飾性が高いため、クラシックな印象で格調高さを演出しやすい書体です。

セリフ体は、伝統的で格式を感じさせます。高級感をもたせたいときにも有効的です。
手書き風で柔らかい曲線のブラケットセリフはより古典的な印象を、直線的で非常に細い線のヘアラインセリフは近代的な印象を与えます。


サンセリフ体

線の太さが一様で、セリフ(ウロコ)のないがっちりとした書体。シンプルでがっちりとした書体なので、細めを選ぶか太めを選ぶかで目立ち方が大きく変化する書体です。

サンセリフ体は、セリフ体に比べて現代的でモダンな印象になります。
太めの書体は安定感や安心感、細めの書体はスタイリッシュさや軽やかさを感じさせます。


スクリプト体

主に筆記体のことを指しますが、大きくは手書きのような欧文書体の総称です。装飾的で独特な表情を演出できる書体ですが、Webテキストや文章としては読みにくいため、タイトル文字やアクセントとして使用すると効果的です。

スクリプト体は、手作り感、人間らしい温かみを感じさせるものが多いです。
筆記体は洗練さや高級感を、ペンの文字は親しみやすさを感じさせます。


デコラティブ書体

上記のどのカテゴリーにも入らない、個性的な書体がデコラティブ書体です。スクリプト体や和文のデザイン書体と同様に、文章のテキストには向いていませんが、見出しタイトルなど注目を集めるのに最適な書体です。

また、そのまま配置しただけでもロゴのように見えるため、他のロゴで使われている場合は、そのイメージを感じさせてしまう場合があり、注意が必要です。




今回は、和文と欧文の代表的な書体とそれが与える印象について紹介しました。

MBEのデザインサービスでは、専門のスタッフがお客様と打ち合わせさせていただき、最適な書体やレイアウトをご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

「お客様の仕事を簡単に、便利に、スムーズに」 それが私たちMBEの目標です。MBEの各種サービスをお仕事に、日々の生活に、ぜひお役立てください。

総務・管理業務でお悩みの方は
お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各種お問い合わせはこちらより
ご相談ください。

人気記事ランキング

お役立ち資料

カテゴリ一覧

タグ一覧