catch-img

【お役立ち情報】紙のサイズ

普段、コピー機などでA4サイズやB5サイズの紙を使用されている方も多いと思いますが、紙のサイズは他にも細かく分かれていることをご存じでしょうか?

日本の紙の原紙寸法は、JIS(日本工業規格)によって「A列本判」「B列本判」「四六判」「菊判」「ハトロン判」の5種類に定められています。よく使われている用紙の規格は、国際的な規格になっているA列と、日本独自の規格であるB列で、「A判」「B判」と言われることもあります。それぞれの紙のサイズには、どのような特徴があるのでしょうか。

今回は、紙のサイズの由来や概要についてご紹介します。


原紙とは

「原紙」とは、全紙とも言われ、製紙工場ででき上がった大きさの紙のことです。紙は製造される際に大きなロール状や大きなサイズで製造され、それを断裁することで普段使っているA4サイズやB5サイズになり、流通します。原紙の大きさはJIS規格により、A列本判・B列本判・四六判・菊判・ハトロン判の5種類について「標準寸法」が定められています。

規格サイズのA列のものを印刷するときは、A列本判の原紙を、B列のものを印刷するときは、B列本判の原紙を使用するのが一般的です。A列本判の原紙はA1サイズよりひとまわり大きく、B列本判の原紙はB1サイズよりひとまわり大きくなっています。


「A列」「B列」

まず、よく使われている用紙の規格としてA列とB列があります。
「A4」「A3」「B5」「B4」と言えば、コピー用紙で目にされたことがある方も多いと思います。コピー機に4段の用紙トレイがあれば、この4種類のサイズの用紙がセットされていませんでしょうか。
A列、B列とも、短辺と長編の比率が「白銀比」と呼ばれる1:√2(ルート2)になっています。

A列本判

A列は、ドイツの工業規格が元になっているサイズです。

ドイツの物理学者であるオズワルドが考案した規格で、1929年に日本でも取り入れられ、90年代以降、公文書等の書類にも多く用いられるようになりました。現在では、国際規格として広く普及しています。

A列の中で最も大きいサイズを「A0(841mm×1,189mm)」とし、それを長辺で半分にしたサイズを「A1(594mm×841mm)」、さらにそれを半分にしたサイズを「A2(420mm×594mm)」というように、数字が1つ大きくなるにつれて紙のサイズは半分になります。

原紙の標準寸法は625mm×880mmです。

B列本判

B列は、日本独自の規格です。

江戸時代に徳川将軍家の御用紙(公用紙)として使用されていた「美濃和紙」の判型である美濃判に由来します。江戸時代の御三家の1つである尾張藩が美濃地方で作らせた美濃和紙は、障子紙の版形としても使用されました。
明治政府が公文書は江戸時代の美濃紙(B判)サイズを引き継ぎ、戦後も日本工業規格(JIS)が「帳簿類の寸法はB判を原則とする。」と定めていたことなどから定着し、 1980年代までは国の文書の9割がB判でした。

B列の中で最も大きいサイズを「B0(1,030mm×1,456mm)」、それを長辺で半分にしたサイズを「B1(728mm×1,030mm)」、さらにそれを半分にしたサイズを「B2(515mm×728mm)」としています。A列同様に、数字が1つ大きくなるにつれて紙のサイズは半分になります。

原紙の標準寸法は765mm×1,085mmです。


「菊判」「四六判」「ハトロン判」

「菊判」「四六判」は印刷や製本の際に必要な余白を含む原紙寸法の規格です。A判、B判はこの原紙サイズから効率よくページを取れるよう規格されています。

菊判

菊判は、新聞用紙に使用する目的で、日本がアメリカから輸入した紙のサイズです。当初は新聞用紙のみに使用するつもりでしたが、後に他の出版物にも使用されるようになりました。

「菊判」という名前の由来は、輸入紙の商標にダリアの花が使用されており、菊の花に似ていたことによるといわれています。さらに、菊は皇室の紋章であることや、「新聞」の文字の中に「聞(きく)」という漢字が入っていたことなども理由とされているようです。

菊判は単行本によく使用されるB6やA5などのサイズより一回り大きいため、書店で目につきやすいという理由から、現在でも書籍などに菊判が利用されることが多々あります。

原紙の標準寸法は636mm×939mmです。


四六判

明治時代にイギリスから輸入された四六判は、イギリスの紙の規格である「クラウン判」が元になっています。 クラウン判は、日本の標準的な寸法として親しまれ定着していた美濃判の約8倍の大きさに当たるため、大八ツ判といわれて好まれました。
この紙を4×8で断裁すると、横4寸2分、縦6寸1分の本になることから、この判型を四六判というようになり、原紙の名称も四六判となりました。

四六判はB列本判よりひとまわり大きいため、B列本判の代わりに使用することもあります。 四六判とB6サイズの書籍は、出版物全体の約30%をも占めています。

原紙の標準寸法は788mm×1,091mmです。


ハトロン判

ハトロン判の「ハトロン」という言葉は、ドイツ語の「パトローネンパピア=弾丸の薬莢を包む紙」が語源と云われています。

日本では、第2次世界大戦頃まで作られていた「ハトロン紙」という包装紙の1種が909mm×1,212mmのサイズであったため、現在の原紙サイズをハトロン判と呼ぶようになったといわれています。

原紙の標準寸法は900mm×1200mmです。




今回は用紙サイズについて基本的な紹介をしました。

MBEでは、専門のスタッフがご使用の用途やシーンに合わせて、最適な用紙サイズをご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

「お客様の仕事を簡単に、便利に、スムーズに」 それが私たちMBEの目標です。MBEの各種サービスをお仕事に、日々の生活に、ぜひお役立てください。

総務・管理業務でお悩みの方は お気軽にご相談ください

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各種お問い合わせはこちらより
ご相談ください。